待場 豊Machiba Yutaka

待場 豊

 兵庫県丹波篠山からまだ少し行った所、今の丹波市で生を受けました。

 現在の丹波市出身の弁護士、裁判官等は、共通の性格を有している面があるように思います。土地柄って面白いですね。

 ところで、私は、弁護士職人論というのを持っています。

 依頼者の方々は、理想の弁護士像なりをお持ちだと思います。

 また各弁護士も、それぞれ理想の弁護士像なりを持っています。私にとっての理想の弁護士像は、いわば”頑固だけれども腕のいい大工さん”。弁護士には色々な能力が必要ですが、弁護士としての職人的能力は、誰にも負けない弁護士。これが目標です。まあ、”頑固だけれども”の部分は、欠点の部分で、要するに”腕のいい大工さん”であるべきなのですが、いわゆる”偏屈、頑固爺さん”と呼ばれている人は、実際は、往々にして、気が優しくていい人であることが多いようにも思うので、・・・。

 いずれにしても、私は、”腕は確か”と自負しておりますので、また、”気が優しくていい人”でもありますので、よろしくお願いします。

経歴

  • 昭和32年04月

    兵庫県(現丹波市)生

  • 昭和51年03月

    兵庫県立柏原高等学校卒業

  • 昭和57年03月

    広島大学政経学部卒業

  • 昭和57年04月

    司法修習生(36期)

  • 昭和59年04月

    弁護士登録(大阪弁護士会所属)・網本法律事務所入所

弁護士会関係

  • 平成22年09月

    大阪弁護士会 綱紀委員会委員(現任)

  • 平成24年04月

    日本弁護士連合会 監事(~平成25年3月)

  • 平成27年04月

    日本弁護士連合会 司法制度調査会副委員長(~平成28年3月)

  • 平成27年04月

    大阪弁護士会 司法委員長(~平成28年3月)

  • 平成27年10月

    大阪弁護士会 民事執行法改正バックアップ会議座長(現任)

その他

  • 日本民事訴訟法学会会員

  • 日本私法学会会員

著作

  • 「遺言と相続対策」(清文社)(共著)

  • 「会社法務の実務がわかる事典」(日本実業出版)(共著)

  • 「注釈 民事再生法」(きんざい)(共著)

  • 「支払承諾依頼者について法的倒産手続が開始した場合の留意点」(金融法務事情2012号20頁)

あらゆるシーンの
法律問題に
私たちがお応えします。