顧問契約

 企業は、あらゆる面で法律に深くかかわっています。その経営や活動にあたっては、規模の大小にかかわらず、法律的観点からの判断と対応が日常的に求められます。近年は特にその傾向が増大しています。

 契約の締結など企業が何らかの判断をする場合には、将来起こるかもしれない問題を事前に検証し、トラブルを回避するための方策をとっておくことが大切です。

また、法律や企業倫理を遵守したコンプライアンス経営の必要性が社会に浸透してきていますので、企業は自らの活動が法律的な観点からどのような意味を持つかを検討して行動することが必要です。

 そのような相談を気軽に、かつ継続的にしていただけるようにするための契約が顧問契約です。顧問料は「費用」のページに記しましたように月額5万円以上ということになっていますが、具体的には企業の規模やご依頼の頻度などを考慮して、相談のうえ決めさせていただいています。

 アイマン総合法律事務所では、日ごろから企業法務についての研鑽を重ね、さまざまな相談に適切で充実したアドバイスをさせていただくよう努めています。また、事案の処理にあたってはご依頼いただいた皆さまに満足いただけるよう最大限の努力をしてまいります。